コラム・ブログ

相手を選ぶ方法はいくつもありますね。

今日ご紹介するのはある特殊なアルゴリズムを使って「結婚相手にふさわしいであろう人」を推薦してくれる機能です。

いま多くのAI婚活、相性マッチング、価値観マッチングはアンケートに答えて回答が同じ数を数えて多いほど合っているとして相性が合う、価値観が合う人として表示しています。

大体のアンケートはYES/NOやそう思う・少し思う・あまり思わない・思わない など右か左かを答えさせるものです。

昨日は第1世代の条件検索、第2世代の相性マッチングについて話しました。

今日は第3世代のDNAマッチングと探索型マッチングについてです。

DNAは皆さんもご存じのように血液や唾液などでDNA遺伝子を診断して相性のいい相手を探すというものです。
科学的診断なので第2世代の相性マッチングのアンケートのように自分で答えを操作できないので診断結果は確実です。
欠点は費用がそこそこ掛かる(2万円~4万円)点とまだ診断数が少ないことです。
しかしDNA(恋愛遺伝子)はこれから広まると思います。

皆さんはどうやってお相手を選んでますか?
どんな基準で選ぶか迷っている方がほとんどだと思います。

今は結婚相談所、婚活サイト、ネット婚活、パーティー、友人からの紹介、自治体の婚活イベントなどたくさんのやり方があります。

パーティー、友人からの紹介、自治体の婚活イベントは当日いきなり会うやりかたですね。
結婚相談所、婚活サイト、ネット婚活は事前にプロフィールが見れてどんな条件の人かが分かる仕組みになっています。